セリフ集(恋愛編)

全部で100の恋愛セリフお題集になっています。
番号と性別を選択してビシバシ読んでくれると嬉しいです。

※男性セリフは後で追記していきます(;’∀’)一気に書いたんで許せ
返し方によってはギャグにもできるので相手に合わせてアドリブを入れてもらえたらと思う。

※これは、Spica(仮)メンバーの藍琉ちゃんに捧ぐセリフ集になってます。

Contents

001 かまって

女001:
ねぇ!なんかさぁ、こっち手が寂しいんだけど?……別に私はつないでくれてもいいんだよ?……んもうっ!だ・か・ら!あっためてあげるって言ってるの!

男001:
なんかさ、こっちの方の手がスースーしてんだよな。……そうだ、ちょっと手、貸せよ。あっためあった方がいいだろ?

002 ちょうだい

女002:
それ、私も飲みたい!え?買ってくるって?……むぅっ……ちがうもん……新しいのじゃなくて、君が飲んだそれがいいの!

男002:
お、いいもん飲んでんじゃん。一口くれよ。……別に?深い意味はないけどさ、それとも口移しでくれるの?

003 ゆずらない

女003:
だぁめ!それは、私のなんだから!……新しいのは今度私が買ってあげるって!だからさ!こっちは私にちょうだいよ?いいでしょ?ねぇお願い!!

男003:
ぅおい!それ、俺のだぞ?欲しいなら今度買ってやるからさ。こっちはおとなしく渡しとけって。

004 ないしょ

女004:
なんで、そんなこと聞くの?内緒に決まってるじゃん!……知ってるくせに!

男004:
?……どうした?えっ?聞きたいこと?……そんなの秘密に決まってるだろ?そんなに聞きたいのか ?

005 かるい?

女005:
いいね!じゃあ、今度デートしよ?そんでさ、そのまま部屋……遊びに行ってもいい?

男005:
それ、名案!そっか、じゃあさ……次の日曜、約束な!……帰りは送ってく……ってなんだよその目は。疑ってんのか?

006 ささやき

女006:
好き……ううん、何でもない!!聞かなかったことにして!……何にも言ってないってば!

男006:
愛してる……ん?あぁ……もう、起きたの?……なんか聞こえた?気のせいだと思うけどな……なんて聞こえたんだ?試しに教えてみろよ?

007 かえさないで

女007:
今日はさ、このまま一緒にいていい?今日だけでいいから……。

男007:
それじゃ帰るわ……でもな、その手を放してくれないと帰れないんだが?……そうか、それなら……もっと必死にお願いしてごらん?

008 ずっと

女008:
ずっと前からさ、気づいたら目で追ってて……こういうのってやっぱり……はぁ、やだな。なんか、ドキドキしっぱなしだよ。

男008:
いつからか覚えてはないけど、やっぱり意識するよな……この距離だとますます……これ以上近づくとヤバいからさ。ちょっと向こう向いててくれるか?

009 ほんき

女009:
冗談とかじゃないよ?本気だからね?えぇっ……うーん、どうしたらわかってくれる?そう……じゃあ今夜だけ?うん……じゃあ、好きにしてくれてもいいよ?

男009:
これ、冗談だと思う?……多分、冗談かな。きっと冗談だけどさ、冗談だとしても……どうしてほしい?言ってみな?

010 きざ

女010:
君がいたから、私は頑張れたんだよ。で、でもそれも実力のうちってやつかな?えと……もっと頑張りたいからさ、ずっと隣にいてくれるって言ってくれない?

男010:
もっと近くに……。ダメか?俺はお前の風邪だったら、何回もらっても嬉しいよ?……そんなこと言うなら、試しにさ……うつしてみ?

011 てれや

女011:
はぁうぅっ!しゅ、しゅきでしゅ……や、やっぱり何でもないですぅ……。

男011:
ねぇ……ううん、何でもない。すき……あれ?今、声に出してた?

012 いじめたい

女012:
なんかさ、君のこと見てるとついついね……困ってる顔が見たいっていうか……。ふふっ!!そうねぇ……ず~っと、私のおもちゃでいなさいよ?

男012:
どうした?何か顔にでもついてるか?……あー、すぐ顔に出るな。面白れぇ……怒るなよ。お前さ……カワイイな……。

013 すきでしょ?

女013:
そういうの、好きでしょ?そうかなって思って、買ってきたんだよね。その……お礼くらい言わせてあげなくもないわよ?

男013:
なんだよ、なんかあったか?ニヤついてるじゃねぇか……隠すの下手か?そういうとこも可愛いよ?

014 だれよりも

女014:
誰よりもあなたのこと知ってるのは私のはずよ?だって……いつも気になってみちゃってるから。知らなかった?

男014:
近くにいすぎて忘れがちだけどさ、お前って俺のこと誰よりも好きだったりする?……あ?深い意味はねーよ。そのまま受け取っとけ?俺はどうなのか?……そうか、ふーん……お前は俺の愛きづいてねーのな。

015 ぶりっこ

女015:
やだあっ、きゃあこわ~い!ねぇ、○○君たすけてぇ!わたし、Gとか虫だけはどうしても無理なのっ!!

男015:
ボクってさ、そういう話よくわかんないんだよね。え?なに?それって食べ物か何か?ボクに教えてくれないかな?優しくじゃないと嫌だよ?

016 きょうだい

女016:
ねぇ、起きて!!起きてってば!もう……起きないとチューしちゃうんだからね!!ふえぇ!?……なんだ、聞いてたの?……冗談にきまってるじゃん!早く起きて準備しなよ!ば~か!

男016:
ん?寝られない……?そんじゃ、話でもする?それとも添い寝してやろうか?いって……ちょっとした冗談じゃねぇか。添い寝とか、寝た後にこっそりするわ。いてぇって!……とりあえず、横になって目つむっとけ?どうでもいい話しててやるから。

017 あまえんぼ

女017:
ねぇねぇ、おんぶしてよ~。つかれた~。おねがい!おんぶ、おんぶぅ~!だって、だってさ……もっとひっつきたいんだもん!

男017:
なんか熱あるわ……。捕まえた。お前優しいからさ、そういったら熱、はかろうとするかなってさ。その優しさに甘え倒してみていいか?……はい、拒否しなーい。お前、ちょろいって言われない?心配だから、今日は教育してやるよ。

018 こっち

女018:
こっちこっち!こっちの方がいいって!ほら、言ったでしょ?……やっと二人っきりになれた。

男018:
そうだな、こっちの方が似合うんじゃないか?……なんなら、外で着ないなら買ってやってもいいぞ……着ない?……なんだ、せっかくレストランの予約をしたんだが……なんだ?何かヘンなことでも想像したのか?……顔、赤いぞ?

019 キス

女019:
ねぇ、おねがい……ちゃんと眠れるように、やさしくキス……して?

男019:
キス、キス、キスキスキスキス……え?何言ってるかって?そうだな、今、言った回数分してみてくれる?まぁ、好きな数でもいいけどな?

020 ないてない

女020:
べ、別に泣いてないもん……怖くなんてないもん。ホントだもん。目にゴミが入っただけだもん。……ホントだって、私の目よく見て調べてくれてもいいよ?

男020:
あ?……別に泣いてなんかないぞ?少し、カレーでも作ろうと思ってな。玉ねぎをきって……玉ねぎがない?そりゃそうだ……そのあと燃えカスになったからな!これからもう一回刻もうとしてるとこだ!……それ以上言うと泣かすぞ?

021 みないで

女021:
言い訳させてもらうと、ほんとはこんなに遠くまで来るつもりじゃなかったの。ちょっとコンビニまでのつもりが……ほとんど部屋着だから、あんまりジロジロ見ないでくれる?

男021:
部屋に来たなり家捜し止めろよ……なんもねぇから。見つかったとしたら……俺がなんかしても文句は受け付けねぇぞ?……ほんとに知らねぇからな?

022 S?

女022:
なぁに?それで私にどうしてほしいの?はっきり大きな声で言ってごらんなさいよ……おねだりが上手なら、考えてあげなくもないわ。

男022:
ふーん、そんな顔するんだ。じゃあ、これから先どんな顔になるか見るのに電気をいつも以上に明るくしておくか……え?恥ずかしい?ばーか、そこがいいんじゃねぇか。

023 よわき

女023:
こわいの!ねぇ、お願い……そばにいて?それだけでいいから……。

男023:
ま、待てよ……認める。認めるから……今だけ、そばにいてくれないか? 

024 きづいた?

女024:
えっへへぇ~!気づいちゃった?苦労した甲斐があったよ。嬉しいな、そういうところ気づいてくれるところ……好きだよ?

男024:
流石だな……よく見てる。よし、なんかご褒美……あ?要らない?ほしそうな顔してるけど?それは気のせいか?

025 やめちゃやだ

女025:
止めないで。今日は最後までって……決めてきたんだから。

男025:
どうした?……手が止まってるけど?このままやめとくか?楽しみは取っておくのも悪くないからな。……どうする?

026 ようなし

女026:
あんたになんか、用なんてないわ!早く夢でも何でも叶えに行っちゃえばいいのよ!別にさみしくなんかないもん。だけど……もし、私のこと覚えてたら……なんでもない。

男026:
別に呼んでないぞ?……用があるなら聞いたやらなくもないが、もらうもらう。……そうだな、先に言う?……それとも、どうした?顔が赤いぞ?

027 なんどでも

女027:
一回だけ?明日も明後日もずっと、ず~っと……何度でも聞きたいな。私が飽きた!っていうまで毎日私のこと『好きだよ』言ってほしいな……。ダメ?

男027:
足りないな……回数の問題じゃないけどな?もう一回……?今、何回目って?それ確かめて、どうしたい?

028 いつだって

女028:
四六時中考えてるわけじゃないよ?ただ、気になっちゃってるだけ。それだけ。もう、この話はおしまい。あーもう、おわりおわり!

男028:
なんか、よく目が合うな……もしかして、ずっと見てない?……え?自意識過剰?じゃあ、次……目が合ったら何でも言うこと聞けよ?

029 くるしい

女029:
なんか最近胸のところが苦しいんだよね。はぁ?太った?そうじゃないわ!気づいてよ!もう、しらない!

男029:
別に用はないんだけどさ、なんか声が聞きたくなって……ただそれだけ。深い意味はないよ。10分でいいから話、聞いてくれる?

030 あふれちゃう

女030:
なんかもう、あふれるってこういうことを言うのかな……?え、ばっかじゃないの?違うってそういう話じゃないって!……もう!なんだかな、こういうやり取りまで好きなんだから、どうしようもないな。

男030:
なんか、ふとした瞬間にあるんだけどさ。表現しきれない思いがいっぱいになることってない?一言でいうとか難しいんだけど、こういうのを好きっていうんかな?

031 つかまえてて

女031:
ちゃんと捕まえててくれないと、私……先にどこまでもいっちゃうんだからね?もう先に行ってる?……行けるわけないじゃない、君のことばっかり気にしてるんだから。

男031:
えっ?よそ見するなって?……あの子が来てる服をお前が着たらどうなるかなって考えてた。……今度着て見てくれる?

032 なんかいでも

女032:
多分私さ、何回忘れちゃっても、次もまた君のこと好きになると思う。賭けてもいいよ?……この賭けにだけは勝つ自信あるから。

男032:
もう一回、いい?えー?じゃあ、0.5回!……ケチ!んーじゃあ、0.01回でいいから!……ちょっとだけ!

033 どっち?

女033:
唐突な質問なんだけどさ、ライオンと私ならどっちとキスしたい?……じゃあさ、さっそくキス……しよっか?

男033:
指輪とネックレスならどっちがほしい?……は?……両方?……うーん。じゃあ、頼み聞いてくれる?そしたらオマケもつけるよ?

034 きみだけ

女034:
どうして秘密にしようとするの?気になっちゃって眠れなくなっちゃうじゃん。それともさ……わざと寝かさないつもりなのかな?言ってくれるまで今日は寝かさないよ?

男034:

035 ほしいだけ

女035:
どんなものも手に入れるために頑張ってきたけど、今回だけはどう頑張っても無理そうだなぁ。でも、できる応援はさせてね?……はぁ、鈍感。でも、そこも好き……ううん、なんでもない!……もう、八方ふさがりだな……。

男035:

036 うばってでも

女036:
略奪してでも欲しい時ってない?今がまさにそうなんだけど、ちょっと……そのお口、ふさいじゃってもいい?

男036:

037 みをひく

女037:
私、ずっと恋してたと思ってたけど違ったみたい。君が幸せになるならそれでいいって思えるもの。私ばっかりが幸せなのは不公平……そう思わない?

男037:

038 やくそく

女038:
ねぇ、約束して?私じゃなくて、あなたはあなたの幸せのために頑張るってこと。……私って尽くされるより尽くす方が幸せだもの。

男038:

039 またね

女039:
これが最後かもしれないけれど、お別れは『またね』っていわせて?もう会えないような別れ……とてもじゃないけれど耐えられないもの。大好きだったよ。……またね!

男039:

040 いますぐ

女040:
ねぇ、今すぐ会いたい……。体なんかなくなっちゃえばすぐ会えそうだと思ったけど、君の体温が感じられなくなるのは嫌だなって思ってたら、なんか電話しちゃった。ちょっと声聞きたかっただけなんだけど……うん、おやすみ。

男040:

041 あえない

女041:
会えない時間ってつらいけどさ、会った時のこの気持ちはその時間があるからあるんだよね。バイバイしたらまた、会いたいをためておくね?

男041:

042 こっちみて?

女042:
あ、顔になんかくっついてるよ?とってあげる!……なーんて、ふふっ嘘だよ。こっちみてほしかった、だ・け♪せっかくだから、このままチューしとく?

男042:

043 どうして?

女043:
あーあ、どうして楽しい時間はすぐ過ぎちゃうんだろう?どうにか退屈な時間と交換できないかなー。明日、一緒にさぼちゃってみる?もうちょっと一緒にいたいなー。

男043:

044 じょうず

女044:
君ホントに年下?絶対遊んでそうなキスなんですけど?……えー、なんかごまかしてない?……ま、いっか。確かめるためにもっかいしとく?

男044:

045 きれい

女045:
君の手って爪まできれいにしてるよね。ねぇ……触ってみてもいい?握っておいてなんだけど、なんか照れるね。

男045:

046 いっしょだから

女046:
今日はいっしょに寝よっか?うち布団一枚しかないしさ!……ほらちゃんとくっつかないと風邪ひくよ?

男046:

047 しっぱい

女047:
あああああっ、また今回も失敗しちゃった。でも、作ってくれるだけでうれしいって言ってたよね?今世紀最大のダークマターだけど、愛だけはこもってるよ?召し上がれ♡

男047:

048 しつれん

女048:
どうして私の好きな人ってフリーじゃないんだろう。……え?フリーな俺にしとけって?下手な慰めはいいよ。……知ってるよ、つきあってる人いるでしょ?……今となりにいる?って……え?また冗談ばっかり。

男048:

049 けいさん

女049:
ドキドキした?……計算通りにいかないもんだなぁ。やっぱり雑誌なんて適当なことしか書いてないか……。ほかのヤツはデートしないと確かめられないし、ちょっと週末付き合ってくれないかなくれないかな?

男049:

050 けっこん

女050:
結婚してって昔約束したじゃない?別に私はほかの人でも、全然全然大丈夫なんだけど、約束守ってあげなくもないよ?……例えばさ、もう一回プロポーズされたら考えようかな?

男050:

051 てれ

女051:
そ、そんなに褒めても何にも出ないんだから!いくら照れさせてもなんもでないし、はっきり言って無駄なんだからね?

男051:

052 つん

女052:
勘違いしないでよ!別にあなたのこと何とも思ってないんだから、私には一切関係ないことなんだけどね!それに、誤解されても困るのはあなただけよ?

男052:

053 ぷんすか

女053:
また、子ども扱い?ほんとひど~い。どーせコーヒーよりプリンの方が好きですよー。もう、一生プリン食べないでよね!?

男053:

054 ひどい?

女054:
もうこれ以上動けないよぉ。え?そう言いながらいつも動いてるって?そんな私落ち着きないかな……。え、この後デザートバイキング?いくいくいっちゃう!

男054:

055 きょぜつ

女055:
触らないで!これ以上きたら……嫌われる……きっと嫌いになるから。今までのままじゃダメ?

男055:

056 むかしみたいに

女056:
最近すっかり遊ばなくなったけど、久々に会えて楽しかったよ。なんか、見ないうちに知らない人みたいになっててちょっとドキドキした。また、昔みたいに一緒に遊びに行かない?

男056:

057 へた

女057:
下手だけど一生懸命つくったよ。もらってくれるかな?……え?うまくなるように教えてくれるの?これ見てもわかると思うけど、私めっちゃ不器用だよ?

男057:

058 ドジ

女058:
どうして私っていつもこうなのかな。あともうちょっとでドミノ完成したのに……え?一緒に並べてくれるの?ずっとっ所にいたいからわざと倒しちゃうかもよ?

男058:

059 きちゃった

女059:
予定空いたからさ、急だけど来ちゃった!って、今忙しかった?……あー、予定あるなら出直すよ。ちょっとだけ顔見ようと思っただけだから。

男059:

060 どきどき

女060:
ここ触ってみて?ドキドキ聞こえない?もっと近づかないとだめ?そんなことしたら、心臓止まるって!あー、やだ、もう、顔が熱い……。

男060:

061 やきもち

女061:
なんで、あの子と二人で出かけたの?言ってくれれば一緒に行ったのに!え?プレゼント……私に?嬉しい……でも、今度は私もいっしょに行く!別に妬いてるわけやないんだからね?

男061:

062 しんぱいだから

女062:
ちゃんとご飯食べてる?心配だから作ってきたよ。はい、お口開けて?食べさせてあげるっ!はい、あ~ん。……おいしい?

男06:

063 どうして

女063:
どうしてこんなガラクタ大事に取っておいてるの?え……私、昔こんなのあげたっけ?……でも、なんか大事にしてくれててありがとね。

男063:

064 やくそく

女064:
今度試験いい点数だったらデートしてね!先生♪えー?デートしてくれないなら勉強しないーやる気でないー!……いい順位で卒業したら結婚?う、うーん、考えなくもないけど……わからないところあるから教えてよ!せーんせ♡

男064:

065 じゅうしゃ

女065:
旦那様、本日もお疲れ様です。お食事は入浴のあとになさいますか?それとも……(※この部分はアドリブで好きに言うといいよ)

男065:

066 やめて

女066:
なんでそんなことばっかり言うの?ホント私のことわかってない!サイテー!嫌い嫌い!だーいっきらい!…………うそ、好き。

男066:

067 おしえない

女067:
そんなこと言っても絶対教えなーい♪私の好きな人なんて、君には関係ないでしょ?関係あるっていうなら言ってもいいけど、最後まで責任取ってくれるの?

男067:

068 しらない

女068:
なにそれ、知らないんだけど。もしかして秘密にしてたの?ちょっと不信感もっちゃうなー、嫌いになっちゃうかも……ウソ嘘、そんな寂しそうな顔しないでよ。反応が楽しくて言ってるだけ。大好きだよ?

男068:

069 M?

女069:
そのようなことをおっしゃられても困ってしまいます。私の好きなお方はあなただけですから……しょ…証拠ですか?キスとかじゃダメですか?

男069:

070 かえさない

女070:
そんなこと言っても今夜は絶対返さないんだから!この間は逃げられたわけだし、このままいくとこまでいっちゃおうかな~っと。

男070:

071 だっこ

女071:
ねぇ、だっこ!だっこして!抱っこしてくれないと泣いちゃうから!ふふぅっ、やっぱお膝の上、私の特等席♡

男071:

072 きんだん

女072:
お兄ちゃんは私のこと好き?私はお兄ちゃんもお父さんも大好きだよ?結婚するならどっちかがいいなあ。

男072:

073 みぶんちがい

女073:
覚えておいてください。たとえ世間が許さないとしても、あなた以外に嫁ぐことになっても……私はあなたのことをこの世のどんな素敵な殿方よりもお慕い申しております。

男073:

074 すきなの

女074:
いちごでしょ。あとハンバーグ。その次くらいに君かな?しょうがないから、3番目くらいに入れておいてあげてもいいよ?

男074:

075 あいして?

女075:
ねえ、どうして私だけを見てくれないの?本当に愛してる?愛してるならずっとそばにいてよ……。今のままじゃ全然足りないよ。もっと私のこと見ててよ。

男075:

076 はなさないで

女076:
放っておいたらすぐ誰かのところに行っちゃうんだから、ちゃんとつなぎとめておいてね?絶対だよ?

男076:

077 おしえて

女077:
ここをどうしたらいいのかな?ねぇ……教えて?

男077:

078 ふちょう

女078:
ゴホ、ゴホッ……なんか風邪ひいちゃったみたい。うつしちゃうかもしれないけど……心細いから、手握って添い寝してほしいなぁ……だめぇ?

男078:

079 ねむい

女079:
ふあぁあ~あ~。もう眠いかも。お休みのチュー。して♡そしたら、おとなしく寝るー。

男079:

080 そくばく

女080:
あなたは私のことだけ見てればいいの!それじゃ飽きちゃうほど私って魅力ない?

男080:

081 すき?

女081:
私のこと好き?私は君のこと……好きだよ。

男081:

082 まもる

女082:
あなたのことは何があっても私が守るよ。だから、私のこと守ってね?ぜったいだよ?

男082:

083 ばか

女083:
ふーんだ、どーせ私の方が好きですよー。だから逆らえないですよー。もお~、○○のば~~~~~かっ!

男083:

084 きらい

女084:
きらいきらいだーいすき♡少ない方が本音だよ?どっちだろうね。ふふっ。

男084:

085 あきらめない

女085:
やっぱり、私じゃダメ?どこがダメ?好きなところとかもない?……わかった、もう一回出直すから次はOK欲しいな♡

男085:

086 としのさ

女086:
子ども扱いしないでほしいな……私も十分大人なんだけどな?試しにキス、してみる?

男086:

087 おさななじみ

女087:
やっほー、最近どうしてる?久しぶりに会いたいんだけど。前に約束してた……あとで会った時にいうね。今言うのはちょっと恥ずかしいから。

男087:

088 いつも

女088:
いつもありがとう。大好きだよ。これからもよろしくね。

男088:

089 はなれても

女089:
絶対絶対……また、連絡するよ。戻ってきたら、今度は……ううん。なんでもない。

男089:

090 おいていかないで

女090:
ねぇ、おいていかないで?一人じゃいやだよ……。

男090:

091 ちょうだい

女091:
ねぇ、それひと口ちょうだい?あ~ん。うん、おいし♪

男091:

092 ずっと

女092:
ずっと前から好きでした。私と付き合ってください。

男092:

093 はなさない

女093:
もう、しらない!口きいてあげないから!……うそだよ?

男093:

094 ほしい

女094:
もっとほしいの?それなりのことをやってくれないとね、あげてもいいかな?

男094:

095 はなしたい

女095:
もっとお話ししたいな?でも、ちょっと眠いの。そばでなでなでしてくれたら寝られるかも。

男095:

096 もっと

女096:
もっとあなたのこと知りたいんだけどな。もっと色々聞いてもいい?あぁ、でもなんかうっとうしいかな……。最近そればっかり考えてるの。

男096:

097 はなして

女097:
放して!これ以上近づくと勘違いしちゃうから……別に私のことどうとも思ってないんでしょう?

男097:

098 やめて

女098:
これ以上関わるのはやめて?きっとあなたのこと傷つけちゃうから。

男098:

099 こら

女099:
こらっ!どさくさに紛れて変なとこ触っちゃダメ!

男099:

100  やだ

女100:
やだやだやぁだぁ!私が一番って言って?だめ?

男100:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA